受ける必要が有ったのか正直微妙…

なんとなーく、身体の調子が気になるなーと感じていたので、病院で行える健康診断を行ってみることにしました。

その内容は、自分で検査項目を選んで行うというものですが、内科や消化器科を受診するワケではないので、全額自己負担となる検査です。そうです、保険が利かないし、会社経由でも無いので福利厚生も使えないプライベートな検査です。

やっぱり、全額自己負担は高いです。
特にCTスキャンが1回で1万2千円もするなんて…。まあ、数年ぶりなのでそのくらいは我慢するかということと、自分で望んで受けるので、どうしようも無いですからねぇ。

こういう検査への抵抗感って、お金のことや何か悪いものが見つかることへの恐怖もそうですが、何も無くて安心する為に受けるというよりは、悪いものが見つかったら、それをどうにかすることも今後の人生で行っていかなくてはならないという部分も大きいのかもしれません。

検査内容にもよると思うけど、半日程度の拘束時間で済んで、その後、事後処理に何回も病院通いとなるなど、そういう負担があるかもしれないと考えてしまうと、どうしても後回しになってしまうものです。

特に、病院も普通の会社と同様に、平日しか検査していないので、サラリーマンなら会社を休まないといけないし、自営業とかでも、自由に時間管理できる反面、どこのタイミングで行えば良いのかというのを考えてしまうと思います。

悪いものを見つける為に時間やお金も浪費するという感覚もどこかしらあることも関係しているような気がします。

そんなことをあーだこーだと考えながら、ようやく検査に行き、今は、結果が送られてくるのを待っている状況ですが、普通は、その日の内に医者と検査結果を見ながら問診するのかと思ってました。

実際には、2週間程度で検査結果が送られてくるということのようで、その時に、所見があれば、今度は、該当する科を受診しなくてはならないということのようです。

会社で受けていた時もそうだったかなぁなんて思うのですが、想像とは、ちょっと違って居るというか、どこか流れ作業感があり、正直、受ける必要が有ったのかって疑問を感じています。

それなら、最初から、内科を受診して自覚症状を伝えて検査して貰った方が、結果的に短時間で済みますから…。

事柄